ゼニカルの安全性

食事制限・運動なしで楽に痩せる | ゼニカル・オルリファストダイエット.com

ゼニカルの安全性

読了までの目安時間:約 3分

 

ゼニカル(Xenical)は、スイスにある医薬品メーカー・ロッシュが開発した脂肪吸収抑制剤ですが、現在まで重篤な副作用は報告されていません。また、服用して私自身、1年以上服用していますがこれといって何か不具合を生じていることはありません。
 
まずなんといってもサノレックスのように脳に作用することがないのが安心です。サノレックスは脳にある満腹中枢を刺激し、空腹感を抑制しますがその代わり、依存性が高く、重大な副作用として肺高血圧、睡眠障害、嘔吐などがあり、時には死亡するような事例が報告されている。こういった向精神薬と違い、ゼニカルは単純に油分、脂肪分を排出するだけですから安全です。
 
その安全性は日本の厚労省よりも遥かに審査基準が厳しいとされているアメリカの国家機関FDAで安全性が認められています。
 
但し、優れた効果の反面、必須栄養素までを流してしまう可能性があるため、服用に関してはマルチビタミンサプリの摂取が望ましいとされています。
 
とはいえ、私自身、マルチビタミンの摂取はしておりません。その代わり、コンビニで売っている野菜ジュースや青汁を特に銘柄にこだわることなくその日の気分に合わせて飲んでいます。
 
もちろん、野菜ジュースや青汁は苦手だという人もいるでしょうからDHAやなどから数百円程度でマルチビタミンのサプリが販売されているのでそちらを摂取してもよいでしょう。
 

 
ゼニカル(ニュージーランド版)84錠1箱 + ドクターズファーマシーのマルチビタミン180粒1袋
 

 
オルリファスト120mg42錠2箱 + ドクターズファーマシーのマルチビタミン180粒1袋
 
こういったマルチビタミンがセットになって販売されているものもあります。
 
いずれにしてもビタミンが欠乏すると肌のかさつきや正常なお通じに支障をきたしたりしますのでサプリのあるなしを問わず、ゼニカルを安全に使用するためにもなんらかのビタミンを服用することが望ましいと思います。
 
また、このようにビタミン類まで排出してしまうことから栄養を摂る必要のある妊婦さんや授乳中のママさん、風邪などで体力を消耗中の方はゼニカルを服用すべきではありません。
 

 

脂肪吸収阻害ダイエットについて   コメント:0

この記事に関連する記事一覧